頭皮の皮脂を抑えるなら洗浄力の強いシャンプーは逆効果!

今、あなたはこの様な事で悩んでいませんか?

夜、シャンプーをしても翌朝には頭皮が油っぽくなり、昼頃にはベタついている。

朝、髪の毛を洗っても夕方には頭皮の臭いが気になる。

実は、この様な悩みの原因としてあなたが今使っているシャンプーに問題があります。

市販のシャンプーの多くは高級アルコール系(石油)シャンプーという非常に洗浄力の強い種類のシャンプーになります。

今使っているシャンプーの裏面にラウリル~やラウリス~という様な成分が書かれているはずです。

この成分が入ったシャンプーは泡立ちが良く、洗浄力が強いので洗い上がりの良さから多くのシャンプーで使われています。

このようなシャンプーは頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流すイメージです。

必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

必要な皮脂まで取り除くと皮脂はそれを補おうとして過剰に皮脂を分泌します。

結果、皮脂の過剰な分泌により、頭皮の油分が増えベタつき、臭いの原因になります。

ベタつきや臭いを抑えるのに大事な事は適度な洗浄力で皮脂の分泌を抑えれるシャンプーです!

女性 薄毛 http://5tosurvive.org/

頭皮の皮脂を抑えるのに最も適しているのは馬油シャンプー

シャンプーには大きく分けて3種類あります。

高級アルコール系(石油)シャンプー、石けんシャンプー、アミノ酸シャンプーです。

石けんシャンプーは天然成分を使っているので肌、環境には優しいんですがアルコール系シャンプーと同じで洗浄力が強く頭皮にとって大事な皮脂まで洗い流してしまいます。

アミノ酸シャンプーはアミノ酸系(植物由来)成分を配合し汚れや余分な油は洗浄し、必要な皮脂は残してくれます。

中でも「馬油」を含んだウーマシャンプーは人間の皮脂にとても近い馬油オイルで頭皮の汚れや余分な皮脂を溶かして浮かし洗い流します。

ウーマシャンプーは頭皮の皮脂を必要以上に取り過ぎないので皮脂の過剰分泌が起こらないシャンプーとして効果的です!

頭皮の皮脂を抑えるウーマシャンプーが他とは違う3つの理由

最高級のこうね馬油が汚れや油分を浮かして落とす!
ウーマシャンプーは馬油の中でもごくわずかしか取る事ができない「こうね馬油」をたっぷり贅沢に使用しています。こうねは馬のたてがみの下にある脂肪層の事です。この「こうね馬油」は普通の馬油と比べてなんと、5倍もの「α-リノレン酸」を含みます。「α-リノレン酸」は必須脂肪酸の一つで頭髪の成長や皮脂の状態を正常に戻す働きをしてくれます
植物由来のアミノ酸系洗浄成分が潤いを与えます!
皮脂の油分を必要以上に取り過ぎるのはよくありません。汚れを落とし適度な潤いが大事になります。この点でウーマシャンプーは必要な皮脂は取り過ぎない適度な洗浄力です。植物由来成分を多く含み肌に優しく洗い上がりもスッキリです。
25種類の生薬が頭皮を様々な角度からサポート!
毛根に良く浸透し、育毛効果のある「センブリエキス」高い抗菌力を誇る「ヒノキチオール」肌荒れ・小じわ・ニキビ・脱毛・フケ・代謝増進などに効果のある「オタネニンジンエキス」皮膚の医薬品や育毛剤にも利用されている「甘草エキス」強力な殺菌、抗菌力、解毒作用、細胞活性作用のある「ニンニクエキス」その他にも20種類の生薬配合!